年越しそば

年越しそば

年越し蕎麦を食す由来

年越し蕎麦とは、大晦日(12月31日)に縁起をかついで蕎麦を食べる習慣のことを言います。蕎麦(そば)は長く伸ばして細く切って作る食べ物なので、細く長くということか「健康長寿」「家運長命」などの縁起をかついで食べるようなったという説が一般的です。
ぜひ、つる鶴っと今年のしめくくりとして、そして来年の活力、ご発展のためにご賞味下さい。

年越しそば
蕎麦受付
生そば

生蕎麦 1,111円

(二人前)そば・つゆ・揚げ玉

鴨汁せいろ

鴨汁せいろ  2,130円

(二人前) そば・つゆ・鴨肉・野菜

海老天ぷら

大海老天ぷら

1本 370円  3本 1,020円

・鴨汁せいろは『50食限定』となっておりますのでお早目にご予約ください。
・料金は全て税別です。
・ご予約は12月29日までとなります。
・ご来店のうえご予約用紙にご記入いただきご予約賜ります。
・12月31日に駐車場の屋外特設テントにて、ご予約用紙とお引き換えで受け渡しとなります。 

時間
年越し蕎麦屋台

今年のしめくくり、ちょっと特別な杉うら をご家族団欒で。

営業時間
年末年始営業時間2017
おいしいお蕎麦の作り方

杉うらの、31日お持ち帰りお蕎麦を、ご家庭でもおいしく召し上がれるよう、茹で方から締め方、盛り付けまでを、解説を交え、動画でご紹介しております。この一年の締めくくり、ぜひ、ご家族みんなでお試し頂ければと思います。